2019年07月28日

夏休みの自由研究的な工作的な?

ブログでは大変ご無沙汰しての投稿ですw
FBメインでたまーに投稿する程度ですが、今回は画像と説明があり長文になるのでブログにて!

事の発端は
親父が某トマト農家M氏が野菜保冷箱を加工してマルハナバチ巣箱を2世帯住宅化し、単体巣箱専用クーラーを乗せたヤツを見て「あれ作れ」との命令がwww

スチロール製だし、出入り口と保冷機乗せる部分の穿孔だけなので半日程度で2セット完成。
が、しかし・・・

親父曰く
保冷庫の在庫が無いから注文して来た!届いたら2セット追加で!!
某トマト農家K氏も2セット作って欲しいみたいだから合計4個ね♪
だってさww

さて、ワタクシ
どうせ作るなら保冷器も作れんじゃね?と思いましてね。
K氏は今年からトマト生産開始したお方なので巣箱用クーラーは持ってないし、正規品買うと10万程度・・・
余計自作しなくてはww

正規品のクーラーってペルチェ式なんですよね。
実は結構昔から知ってましたw
CPUクーラーとか、車載用保冷保温庫なんかに使われてるアレです。

って事で作成開始!!!!
必要なモノは・・・

ペルチェ式クーラーユニット
DC12V安定化電源
サーモスタットセンサスイッチ
プラグ付き耐熱電源コード
ダイソー製B5ファイルケース
野菜用保冷箱
他雑材(ボルトとか)

先ずは保冷庫の加工
IMG_0885.JPG
手前がクーラーユニットの取り付け部です。
奥は蜂さんの出入り口(巣箱の出入り口に合わせて穿孔)


クーラーユニット類の取り付け
IMG_0893.JPG
B5ファイルケースが丁度いいwww

巣箱固定用に色々と・・・
IMG_0899.JPG
クーラー下部に結露水排出用の穴は開けてありますが、念のため巣箱保護のために苗箱敷いてます。
後は巣箱が動かないようにスチロール切ってスペーサーに。


仕上げ&試運転!
IMG_0897.JPG
車用の断熱シート(フロントガラス内側に付けるアレね!)で極力太陽光での過熱を防止しようかと・・・
帰る巣を間違わないようにカラーのガムテープで色分けしてみました(M氏発案)

IMG_0898.JPG
気温32.7度で運転開始。
10分程度で内部温度が27.7度
それなりに冷えてますかね?
一応サーモスタットの温度設定は25度
25度以上で通電し、23度ぐらいまで下がると停止。

ハウス内で30度超えない程度を維持してくれれば良いのですが・・・
灼熱のハウス内でどの程度冷却してくれるか?ってのが心配ですね。
取り敢えずの試作機Rev2なので(Rev1は先にK氏に納品w)
様子を見て冷却性能が不足してる時は、現況ペルチェ素子シングルコアをデュアルコアに変更かな?とか思ってます。

そんな感じで本日無事完成しました!!
因みに加工手間込みでも正規品の半額程度に抑えられたから十分でしょwww
posted by Casper at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 農家なコト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186339475
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック