2016年02月02日

久しぶりにも程があるw

どもです!
何て事でしょう・・・
気がつけばブログ放置1年近いとか
ヒドイですねコレww

FBがメインになってたもんで(^_^;)


今回は久方ぶりの強敵に遭遇したので書いてみようかと!
多少長編でまだ未解決ですw


モノは知り合いのノートPCさん。

Windows10にUPGしたらおかしくなったので
戻したらもっとおかしくなった

とのコト。


これがゴタゴタの始まりだとは・・・orz




まず車で1h程度の距離なので、今の時期訪問が厳しかったのもあり届けて頂きました
某店駐車場で待ち合わせしましたが、持って来たのが本体のみ

え?電源は?????
「ダイジブ!満タンだから♪」

いあいあいあいあ!!!!
作業中に無くなるの目に見えてるんですけど・・・orz



一応持ち帰り状態確認を

Win起動→メディアセンター起動


え?



フルスクリーン起動ですが、マウスカーソルが表示されない
何だコレ?

タスク切り替えでデスクトップに戻るも
他のアプリ起動させると何故かメディアセンター起動
で、定期的に勝手にメディアセンターが起動

おぉー!!!何だコレはー(´д`)



とか色々やってるウチに案の定バッテリーLOW


ここまでか(^_^;)
で、主様にケーブル頂戴の連絡すると
監視カメラの設定やってくれ!!!と。
何でもアイポンで見れるらしいが映像が映らないのだとか。

ケーブルも調達せねばならんし、早速訪問

監視カメラの制御機本体の設定でネットワークを有効にして
フリーのホスト取得サイトでアカウント取得後、本体にホスト情報登録
携帯用アプリにIDとPASSとカメラの端末IDを登録してOK!!!!

本体設定以外全部英語なので結構大変だった・・・orz


さて、電源も来たしリベンジ!

まずregeditもmsconfigもメディアセンターが起動してしまう状態なので八方塞がり
.exeにメディアセンターが関連付けられているかと。
でもレジストリ開けないと話しになりませんので
別ユーザーアカウント作成して、そちらから試みます
本ユーザーのレジストリをハイブ読み込み→該当個所を編集
コレでOK!
メディアセンターが勝手に開いた原因の一つはこれで、スタートアップ系のアプリが全部メディアセンターに関連付けられていたからです。

さて、そこは治ったので
本ユーザーで起動しますと
怪しげなサイト(中身はエラーで表示されない)が2画面自動起動
閉じても定期的に自動起動

やっぱ感染してたのねw

msconfigにてスタートアップの該当設定削除
レジストリの該当個所2個所も削除

これでPC起動時のやつは退治
ですが・・・
定期的に開いてしまうヤツは
どうしても治らないタスクマネージャーが起動しない症状がある為、何とも解らない
フリーのタスクマネージャにて怪しいヤツを確認後
(mshtaを利用したヤツです)
タスクマネージャの中から同じ名前の項目を見つけて削除

やっと治った・・・orz


さて、問題がもう一つ
ドライブの空きが10G以下でマッカッカー
原因はフリーのバックアップソフトの作ったデータ
容量の60%以上コレが占めてました(^_^;)

このデータとアプリを削除してOK
更に
空きが無いのでドライブを圧縮してたので、これも解除
やっと空きが普通に戻り動作も軽く^^

ここで難敵が登場

再起動しますと、スタートアップ修復が出るように
あれ?

普通に起動して普通に終われるのに?

bcdeditでスタートアップ修復の設定を削除して再起動
ブートオプション画面

何だよコレ・・・(´д`)


修復の項目にD:がある時点でオカシイ
リカバリー領域ですものww

何かの不具合でそっちもダメになったのかな?
覗いてみますと、何故か現行ユーザーのデータやら色々
しかも圧縮されてるw
消すにも管理者権限云々

あーもう!

試しにリカバリかけてみるもエラーで起動しないので

万が一のリカバリは諦めて貰うしか無い(^_^;)
HDD操作系ソフトにてパーテイション操作中
↑今ココw

さて、ブートオプションは治るのでしょうか・・・
posted by Casper at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンなコト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173284611
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック